崖の淵から、こんにちは。

崖の淵から、こんにちは。

迷走中の崖っぷち女です。アフィリ 麦チョコ やっぱり映画

【父の言葉】~我が家に受け継がれるナゾの行事~

f:id:gake-hello:20190403121703j:plain

我が家には曽祖父の代から続いている変な行事があります。

れは3月の終わりに家族全員集まって

父から有り難い一言が書かれた紙を受け取る
というもので、

筆で書かれたその紙には
一人ひとりに違う言葉が綴られていて

うやうやしく頂戴する謎の儀式を
我が一族は、
曾祖父の代から脈々と続けております。


のイベントが万国共通ではなくて
我が家だけのものだと知ったのは
中学1年生の夏。部活帰りのコンビニの駐車場。

衝撃のあまり、あの日のギラギラした太陽が
今でも瞼に焼き付いて離れない。

f:id:gake-hello:20190403131231j:plain

この面倒くさい謎の行事を

疎ましく思った時期もあったのですが

歳をとったからでしょうか?

当たり前のように受け入れている自分がいます。

さて、今年も実家に一族が招集しました。

隣に住む親戚やら従兄妹やらも集まって
総勢35名。古い家が軋みます。

まず父から皆の者へご挨拶

f:id:gake-hello:20190403130835j:plain

「え~今年も我が〇〇家の皆様におかれましては~」

だいたい長いし、だいたい毎年同じ文言。

「それでは皆様の健康と繁栄の願いを込めて、一筆書きましたので名前を呼ばれた人から取りに来てください」

メインイベントがはじまりました。

ども達は慣れない正座を強いられて
頬を赤らめて緊張しています。

ねぇみんなっ、ジジだよ?

昨日あんなに酔っぱらって『兄弟船』を熱唱していた爺さんだよ?って思うのですが

雰囲気というものは不思議なもので

ジジやらチチやらの肩書が

異様な雰囲気にのみ込まれて

聖職者を前にして今にも拝んでしまいそうな

うやうやしさと、胡散臭さ。


ずは子ども達から

4歳児に『和を以て貴しと為す』
6歳児に『人は見目よりただ心』

などの言葉が書かれている。

見てないけどわかるんです。
だって毎年そんな感じ。
私が子どもの時からそんな感じ。

簡単に「友だちと仲良くしよう」とかじゃダメなの?て、思うのだけれど

子どもたちは、もはや意味よりも

紙を受け取った達成感に満ちていて

なんだかとっても嬉しそう。
f:id:gake-hello:20190403132306j:plain

ていよいよ私の番

父から私あての書に、したためられていた言葉

畑を耕さずに実をとることを考えるな


おもわずギョッとして見上げると
大きくうなずき
賢者の振る舞いに、したり顔。
f:id:gake-hello:20190403130914j:plain

もしかして
「ブログで不労所得だ!イヒヒヒ」

という私の声が父に届いていたのでしょうか?

私が『働かなくても食べてよし!』の精神の元
色々と策を講じていることは
家族は誰も知りません。知らないはずっ
f:id:gake-hello:20190326213507j:plain
親子だからなのか?
それともこんな行事を取り仕切ってるからなのか?

父は感じたのかもしれません。

私の醸し出す賤しい匂いを。


なみに一番上の姉には

仁者は山を愛す

という言葉が贈られて

高尾山すら登った事のない彼女は

フンっと鼻で笑い

「ねー、もうさぁ、このイベント、今年で終わりにしない?」

と、みんなが言いたくても言えない言葉を

平然と父に投げかけるのでした…


も、たぶん来年も続くと思います。

だって姉は毎年言うんです。

「今年で終わりにしない?」って。


姉の言葉が締めとなり、
『じゃあ呑みますか!食べますか!』
ていう、これまた毎年恒例の流れなのでした。
f:id:gake-hello:20190403133333j:plain

上、お正月よりも親戚が集まる

我が家のヘンテコな恒例行事を勇気を持って告白しました!


なんで曽祖父はこんなことを始めたんだろうなぁ。

そして父の次に誰がコレを引き継ぐのかが

毎年議論されていて、そして今年も決まらない。


みなさんの家にも、大切にしている行事や習慣がありますか?

え?なにそれ!?
それって、普通じゃないかもしれませんよっ